ルームエアコン

2017.11.27

高齢者にもやさしく、
家族みんなが暮らしやすい住まいづくりとは?

エアコン・住宅設備の選び方

住まいは、数十年先まで暮らす場所。新築やリフォームなど、住まいづくりを計画するときには、数十年後まで快適に暮らせる場所をつくるという目線で検討することをおすすめします。
たとえば将来、高齢者と同居する可能性や、自分たち自身が高齢になった時のことまで想像し、高齢者にもやさしく、暮らしやすい住まいをつくっておくことで、末永く快適に過ごすことができます。

POINT
  • ぬくぬくリビングと冷え冷え廊下に注意!住まいに隠れた寒暖差を抑える工夫を。
  • さまざまな暖房設備を上手に組み合わせて、「空気のバリアフリー化」を。
  • 小空間でも設置できるエアコンを上手に活用!

家族みんなの身体にやさしい
住まいづくりのポイントは
「住まいの中の寒暖差」を抑えること

最近は、新築時やリフォーム時に、玄関やトイレの段差を取り除くなど、「バリアフリー化」する住まいが増えています。しかし、そのような、高齢者でも快適かつ安全に生活できるように配慮された住まいにも、見落としがちな問題点があります。それは、住まいの中に潜む「寒暖差」です。
たとえば暖房の効いた部屋から寒い脱衣所や廊下に移動するときなどに感じる急激な温度差は、意外と身体に負担をかけているものです。
高齢者や身体の弱い方のヒートショック※1を緩和するためにも、住まいの中の寒暖差をできるだけ抑える「空気のバリアフリー化」にも配慮した住まいづくりを心掛けてみてください。
※1 急激な温度変化で体に大きな負担がかかること。

さまざまな暖房設備を上手に組み合わせて、
家じゅうを空調する

たとえば廊下や玄関のようにエアコンが設置しにくい場所にも、床暖房やパネルヒーターを設置するなど、さまざまな暖房設備を上手に使い分けたり、組み合わせることで、家じゅうを快適に空調することができます。
これまでエアコンが設置できないと諦めていた場所にも設置できる、小空間用のエアコンなどもあるので、上手に取り入れて、「空気のバリアフリー化」を目指してください。

誰にでもやさしく快適な住まいは、家じゅうの寒暖差を抑えることがポイント。
エアコン、床暖房、パネルヒーターなどの暖房設備を上手く組み合わせてください。

〜 組み合わせ例01 〜
玄関・脱衣所には、パネルヒーター

外の空気が入りやすい玄関や、入浴時に服を脱ぐ脱衣所は、特に寒暖差が生まれやすい場所。パネルヒーターなら自然対流で、足元からしっかり暖まります。

〜 組み合わせ例02 〜
玄関・廊下・リビングには、床暖房

玄関や廊下など、住まいの導線となる場所には床暖房を設置することで、足元から暖かく、気持ちよく家の中を移動できます。リビングから廊下に出るのが寒くて辛い、ということもなくなります。

〜 組み合わせ例03 〜
リビングなどの居室には、エアコン

空間が広く、家族が長い時間を過ごすことが多いリビングや和室、寝室などには、エアコンが適しています。包み込むように部屋全体を暖かくしてくれるので、長時間居ても、家族みんなが快適に過ごせます。

〜 組み合わせ例04 〜
複数のお部屋のエアコンや床暖房はシステムマルチで
1台にまとめる

エアコンや床暖房をあらゆる空間に設置すると、その数だけ室外機が増えてしまうことになります。多くの室外機が外壁のまわりにズラリと並ぶと、せっかくの住まいの外観が損なわれる可能性も。最大5台のエアコンや床暖房を1台の室外機にまとめて接続できる「システムマルチ」などのエアコンを選ぶことがおすすめです。

「システムマルチ」を詳しく見る

エアコンを諦めていたスペースにも空調を!
小空間でも設置できるエアコンを上手に活用

洗面室や廊下、玄関などは、一般的なエアコンでは設置しにくく、これまで、夏は暑くて冬は寒いのが当たり前だと諦めてきた空間です。しかし、ご紹介したとおり、そんな小空間でも、床暖房やパネルヒーターを活用すれば冬場の足元の寒さを緩和することができます。また、一年中快適に過ごすためには、小空間に設置できる専用のエアコンを選んでください。

小空間マルチカセット形エアコン「ココタス」

「ココタス」はコンパクトサイズのエアコンなので、洗面室や廊下、玄関やキッチンなど、さまざまな小空間の天井にもスッキリ納めることができます。
これまで悩まされてきた真冬の廊下の寒さや、夏場のキッチンの暑さなど、さまざまな問題を解決してくれるエアコンです。
そうした住まいの小空間にエアコンを設置すると、身体に負担のかかりやすい寒暖差を抑えるだけでなく、実は、家族にうれしいメリットが生まれます。
たとえば、洗面室が冬もポカポカの快適空間に変わったら、ゆっくりとお化粧したりお肌や髪の手入れができるようになり、お母さんもにっこり。また、廊下が夏も涼しく爽やかな空間に変わったら、子供たちがのびのびと廊下スペースで遊べたり、ちょっと腰を下ろして本を読める空間に変わるかもしれません。家の中にあるちょっとした空間は、空調することでもっと有効活用できるのです。
家じゅうすみずみまで空調された住まいは、数十年後まで末永く家族みんなが暮らしやすい住まいです。

末永く家族が快適に暮らせる住まいづくりを
目指すなら、プロに相談!

今回、家の中に潜む寒暖差の問題を解決する方法の一例をご紹介しました。しかし、お住まいの地域や広さ、使い方など様々な状況によって、最適な空調プランは異なります。エアコンや床暖房を最適に選定し、最適な設置場所を選ぶのは、なかなか難しいものです。新築やリフォームを計画する際には、早めの時期に、空調のプロに相談することがおすすめです。ダイキンプロショップなら、お客様の設置場所をご訪問し、現場調査をおこない、豊富な経験と知識で最適なプランをご提案できます。空調はダイキンプロショップに任せて、末永く家族が快適に暮らせる住まいづくりを叶えませんか。

お近くのダイキンプロショップを探す